ページ内移動用のリンクです

税務用語集偽りその他不正の行為

納税者自身がほ脱の意図をもって、税の賦課徴収を不能又は著しく困難にしようとする行為をいいます。具体的には、帳簿書類への虚偽記入、二重帳簿の作成などの積極的な行為のほか、真実の所得を隠ぺいすることを目的に所得金額をことさら過少に記載する行為が含まれます。

50音順の一覧はこちら

更正の除斥期間

「偽りその他不正の行為」によって、税額の一部又は全部を免れている場合には、更正の除斥期間が通常の5年から7年に延びます。7年前まで遡って処分されることになります。

50音順の一覧はこちら

最新号の「速報税理2016年3月11日号」では、
ほかにも税務の現場で役立つさまざまな情報を掲載しています。

速報税理2016年3月11日号

【発行年月日】
2016年03月11日
  • 年間購読する


WEB 旬刊 速報税理 税理

メールマガジン登録
登録で3つのメリット
霞が関や永田町の税に関する動きをいち早くお伝えします。
1週間分の税や中小企業に関係する情報を満載。
税理や速税、新刊図書の最新情報をお届けします。