2022年 生産緑地 継続?特定生産緑地?解除?






概要説明
会則 1時間
使用テキスト 月刊税理 2019年1月号
別冊付録Ⅰ「2022年 生産緑地 継続?特定生産緑地?解除?」
テキスト内容

1. 生産緑地の2022年問題
2. 2022年問題への対応
3. 農地等に係る相続税の納税猶予制度
4. 生産緑地内農地の固定資産税
5. 田園居住地域内の市街化区域農地の固定資産税
6. 生産緑地の考えられる道は3つ!

 

講師紹介

今仲 清(いまなか きよし)税理士

【経歴等】
1984年、今仲清税理士事務所開業。
1988年、(有)経営サポートシステムズ設立、代表取締役就任。現在は株式会社に変更。
2013年、税理士法人今仲清事務所設立、代表社員に就任。
現在、不動産有効活用・相続対策の実践活動を指揮しつつ、セミナー講師として年間100回にものぼる講演を行っている。(一財)都市農地活用支援センターアドバイザー。(公財)区画整理促進機構派遣専門家。事業承継協議会事業承継税制検討委員会委員。

その他




>WebセミナーTOP     >ぎょうせいオンラインTOP