給与支払報告書及び源泉徴収票の電子的の一元化について~Pcdeskを利用した提出方法~






概要説明
会則 1時間
使用テキスト 月刊税理 2018年8月号
別冊付録Ⅱ「給与支払報告書及び源泉徴収票の電子的の一元化について~Pcdeskを利用した提出方法~」

テキスト内容

1.給与支払報告書及び源泉徴収票の提出一元化とは
2.給与支払報告書及び源泉徴収票の作成について
3.電子署名について
4.給与支払報告書及び源泉徴収票の送信
5.受付通知の確認
6.特別徴収税額通知について
7.お願い

講師紹介

杉谷 拓海(すぎたに たくみ)


【経歴等】
一般社団法人地方税電子化協議会 システム部運営管理グループ所属

【eLTAXとは】
eLTAX(地方税ポータルシステム)は、一般社団法人地方税電子化協議会(以下「協議会」という。)が運営する地方税の電子申告及び国税連携のためのシステムで、平成17年1月に、大阪府等6府県で、法人二税、固定資産税(償却資産)の電子申告システムが稼働しました。 その後、eLTAXは、「給与支払報告書の提出」や「年金特徴」など、機能・サービスの拡大を続け、平成22年4月には全地方公共団体が協議会の会員となり、eLTAXに接続されました。 そして、平成23年1月に「国税連携システム稼働」、また、平成26年の「給与支払報告書の電子的提出の義務化」等の法整備を受け、平成27年12月には、全地方公共団体において、eLTAXで扱う税目全ての電子申告受付に対応しました。 最近では平成29年1月に、「給与支払報告書と源泉徴収票の電子的提出の一元化」に係るサービスを開始しています。 なお、共同収納の実施等、今後eLTAXの役割が拡大することを踏まえ、協議会は、平成31年4月から地方税法に設置根拠・組織運営が規定される法人「地方税共同機構」に移行します。(平成30年度地方税法改正)

その他

■一般社団法人地方税電子化協議会
http://www.eltax.jp/


>WebセミナーTOP     >ぎょうせいオンラインTOP